ロードバイク|サイズ選びについて

 ロードバイクの購入において、サイズ選びは重要なポイントです。ロードバイクでいうサイズとは、一般的にフレームのサイズのことを言います。 主要メーカーのロードバイクは購入者の身長に対応するフレームのサイズ表のようなものを用意しており、大体の目安として、適応フレームサイズが 分かるようになっています。

例)GIANTのロードバイクフレームサイズ表(2009年 DEFY 1 の場合)

SIZE(mm) 適応身長
430(XS) 155−170
465(S) 165−180
500(M) 175−190

GIANTの場合は3サイズ展開で分かりやすいのですが、その他のメーカーではもっと細かいサイズ設定がされていますので、実際に乗ってみること、 また、ベテランのいるショップに相談することがベストだと思います。
GIANTにおいても、身長の幅が非常に広いので、たとえば175cmの人はSが良いのか、Mが良いのか迷うところだと思います。
 良く言われるのは、ロードバイク自体にあるサイズの変更機能を生かせるかどうか、です。ロードバイクはシートポストの高さやハンドルの  高さも変更できます。大きいフレームを選んでしまうと、縮めることはできません。その反面、少し小さいフレームを選んだ場合は、  体や、ロードバイクへの慣れ、適応能力の変化によってのサイズ変更に対応できます。
 自分も身長が175cmで、サイズに関しては悩んだのですが、ショップに勧められたのはSサイズでした。しかも購入直後のサイズ調整は  ハンドルも高く、シートポストもハンドルとほぼ平行。非常に初心者には無理のない姿勢の状態で納品してもらえました。
 サイズに余裕があるので、その後、徐々にサドル位置を上げていき、ハンドルを下げていきました。少しずつ、より早く、より快適な  ポジションに変更していくためにも、無理のないサイズ選びをしましょう。



■ 

■ 

■ 

■ 

◆ まとめ