ダイエット

実はロードバイクダイエットに関して非常に有効な力を持っています。


何故か?それはロードバイク に乗ることは、ダイエットにとって非常に有効な有酸素運動を行うことであり、ランニングよりも負荷が少なく、ロードバイクという 機材によって、ダイエット、運動に必要な水分補給や、サイクルコンピュータによる、自分の体の状態の分析も容易になるからです




 また。ダイエットを続けることは高いモチベーションを必要とします。ほとんどの人がこのモチベーションの維持ができなくて、ダイエットを 断念していますが、ロードバイクに乗ると、モチベーションを維持する要素がたくさんあります。


 ひとつは、割と高い機材を買ってしまっているということ。(床の間に飾るにはもったいないです・・・)


 ひとつは、サイクルコンピュータなどを利用した運動は、全然つらくないこと。(始めてみるとわかります)


 また、ひとつは、サイクルロードレースなどにもはまりだすと、レースを見ることだけで、明日も走ろうという気になります。


 他にも、サイクルコンピュータは、自分が少しづつ速く、長く走れるようになっていることを、わかりやすく表示してくれるので  それもまた、モチベーションの維持につながります。


 さあ、肥満でお悩みの方、メタボが気になっている方、ロードバイクに乗って、楽しくダイエットしていきましょう。


 ここでは、ロードバイクでの効果的なダイエット方法をご紹介していきます。






■ ロードバイクでダイエット

 

◆ ロードバイクでダイエット応援商品

【送料無料】箕浦 (ミノウラ) VFS150 タイヤドライブ式 サイクルトレーナー【送料無料】箕浦 (ミノウラ) VFS150 タイヤドライブ式 サイクルトレーナー
販売店:JOINT
価格:¥26,195
MINOURA (ミノウラ) VFS150 タイヤドライブ式 サイクルトレーナーVFS (Variable Fluid System) フルード式負荷装置(右側)と磁石式負荷装置(左側)の両方を搭載した,欲張りなトレーナーです。 低速〜中速では主に磁石が負荷を上げていき,中速以上ではフルードが威力を発揮する,2段階的な負荷特性を見せます。密封されたフルード側では,独創的なカップ型コーンが高粘性シリコンオイルを撹拌することで負荷を得ます。 磁石側には精密に加工された切削仕上げのフライホイール(重さ1.5kg)が内蔵されています。 日本の集合住宅環境に最も配慮したモデルとして,はじめから低騒音・低振動をねらって設計しています。 ERGOフレームなめらかな弧を描く二重貼り合わせ式メインフレームはシンプルながら頑丈。大きく左右に張り出した脚とともに,トレーニング中の荷重をしっかりと支えます。 ハブ幅の狭いピストにも対応できるよう,左右のハブカップリングはそれぞれ可動式です。 右側には回しやすいハンドルを装備。短時間でしっかりと自転車を取り付けることができます。 コンパクトに折り畳んで収納することができます。 最大荷重は自転車込みで120kgまでです。 フットペダルタイヤを最大限に長持ちさせるためには適切なローラー加圧の調整が必須です。フットペダルはタイヤを替えない限り,ペダル操作だけでいつでも簡単に最適な加圧状態を再現してくれる便利な装備です。 自転車を取り外す際もペダルを引き上げるだけでローラーがタイヤから離れるため瞬時に行なえます。 ペダルのストローク調整は,ペダル裏側のノブを回して行ないます。フライホイール重量1.5kg• 適合ホイールサイズ 24"〜700c• 設置寸法および高さ630 x 460 x 390 mm• 重量9.0kg• 最大荷重120kg(自転車込み)• 付属品取扱説明書,専用クイックレリーズ,小径ホイール用アダプタ,マグライザー,製品保証規定書
osadasoft