シューズ・ペダル

 ロードバイクには専用のシューズがあります。自転車に乗るのに専用のシューズ?という方もいるかもい知れませんが、 スポーツ自転車の世界ではごく当然のことです。

普通の靴とは何が違うのか?それはシューズをペダルに固定することです。普通の靴では当然、ペダルを漕ぐときに押す力しか 入れられませんが、ペダルとシューズを固定することにより、引く力もペダルに伝えられるようになります。

その他にも、悪路などで自転車が跳ね上がっても、ペダルとシューズが離れないので、落車の危険性も減ります。

シマノ SH-R086WE シューズ ホワイト ワイドタイプ
【2009年モデル!10%OFF!】SHIMANO シマノ SH-R132B (ブルー) ロードバイクモデル SPD-SLシューズ
【10%OFF】SHIMANO (シマノ) PD-7810 SPD-SLペダル
シマノ アルテグラ PD-6620 SPD-SLペダル
osadasoft

通常、ロードバイクを購入する時、ペダルは付属していません。それは、通常のペダルを使用するか、ビンディングペダル  (固定式のペダル)を使用するか、選べるためでもあります。
 
ロードバイクを購入するときに、どのようなペダルを使用するか、選択する必要があります。自転車自体に乗りなれていない人は まず、フラットペダルで慣れてから、ビンディングペダルに変えるのもいいでしょう。普通に自転車に乗れる人ならば、初めから ビンディングペダルにしてしまっても良いかもしれません。

私は初めてロードバイクに乗る時から、ビンディングペダルにしました。どうせ新しいことを始めるのだから、初めから本格的に 乗ってみようと思い。慣れるまでは、ゆっくりと練習が必要ですが、1日で十分、取り外しできるようになります。

どうせなら、初めからSPD−SL(現在主流のロードバイク用ビンディングペダル)にチャレンジするのもいいと思います。 ただし、十分に安全な所で練習を!自信がない方はまずはフラットペダルを!

ここでは、ロードバイク専用シューズ・ペダルを紹介していきます。

 
   


■ ロードバイク用シューズを発売しているメーカー