ロードバイク購入・予算はいくら?

 ここを読んでいる方は、まだロードバイク自体を購入していない人、もしくは、購入したばかりの
初心者の方だと思います。まずは、何をしたいのか?と、予算はどの位なのか?で選択肢は大きく変わってきます。
 サイクルロードレース出場を目指したい!、から、週末のサイクリングやダイエットなど、用途は様々だと思います。
 楽しみ方は人それぞれなので、自分に見合った予算で楽しみましょう。もちろん。最高級ブランドに乗る楽しみを味わいたい という楽しみ方も、ロードバイクにはあります。しかも自動車などより比較にならないほどの安い予算で実現できるのも ロードバイクの面白いところだと思います。 初期投資としてどのくらいの予算がかけられるのかを考えてみましょう。

 






■ 〜10万円以内

10万円がロードバイクにとっての最低ラインだと思います。

 でも、初めて乗り始める、また、続くかどうか不安だというような場合は非常に手頃な予算ではないかと思います。 悩んでいるなら思い切ってはじめてみましょう。

 ただ、自転車本体以外にウェアやヘルメット、サングラス、空気入れ等、必需品は多々あります。その為には 自転車本体価格を抑える必要があります。備品に3万円ほど掛かるとすると、自転車本体は7万円以内ということになり、メーカーもかなり限られてしまいます。(GIANT・FELT・等)


■ 〜20万円以内

だいぶ選択肢が広がります。各社のエントリーモデルから、好きなブランドが選べるようになってきます。

 ただ、エントリーモデルにも大きな価格差があり、自転車本体に大きな予算を割くならば、ウェアやその他のグッズは10万以下の予算同様に3万円程度に抑える必要があります。

 これくらいの予算があれば、だいぶ余裕を持って始められると思います。


■ 〜30万円以内

ミドルクラスのロードバイクを選び、その他のグッズをグレードの低いものにするか、エントリーグレードを選択し、ヘルメット、ウェア、サングラス等も高いグレードのものを用意するか、悩みどころの予算です。一番大切なのは気に行ったロードバイクを買うのが後悔しないのではないでしょうか。ロードの世界ではまだまだハイエンドモデルに手が届く予算ではないですが、2台目のフレーム買いならハイグレードも狙えます。



■ 40万円以上

これ以上の予算があるなら、初心者としては、好きなブランドのミドルグレードを買い、十分な装備を整えられると思います。本体のみならメーカーによってはハイグレードも狙えます。ただ、初心者ということを考慮すると、まだメンテナンス技術もないですし、いきなりハイグレードを買っても取扱いに苦労するかもしれません。もちろんそんなこと気にせずこの予算の自転車を乗り倒せる収入の持主の方ならば、好きなブランドのバイクを買いましょう。


◆ まとめ

 これから始めてみようという方は、まずはエントリーグレードで十分なので、なるべく早く乗り始めることをお勧めします。ただ、最低限のウェアやグッズは無いと、モチベーションが下がることもあるので、このサイトでお勧めする商品でもいいので揃えたほうが良いです。ジーンズで長時間乗って、おしりの皮がむけてやめたくなるなんてこともあるみたいなので・・・。また、ショップは十分に活用しましょう。敷居が高いようなショップもありますが、自転車好きには違いはありません。購入・修理・ポジションなど、どんどん質問してみましょう。

 このサイトでもいろいろな情報を発信していきます。ぜひご活用ください。